2018_26 黒猫の小夜(セレナーデ) 知念実希人

 黒猫の体を借りた死神、クロ。死神の仕事はこの世に未練を残して死んだため、地縛霊となって漂っている魂をあの世へ送り届けること。そんなひとつの地縛霊を意識不明の少女に乗り移すところから物語が始まる。少女の家を住家に地縛霊の未練晴らしを始めるが、ある地縛霊の抱えた未練から、製薬会社で行われていた新薬開発に絡んだ殺人事件が浮き彫りになっていく。死神と地縛霊をとおしてのミステリー小説といった感じ。後半、少女に乗り移した地縛霊の正体が明らかにされ、真犯人が判明する。穢れきった人間は死神にもどうにもできないということが印象的でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です