2012_16 1Q84 Book1 後編  村上春樹

 二つの展開がともに面白い、二つの小説を同時に読んでいる感覚。少しづつ核心に近づきつつある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です