2012_32 赤ひげ診療譚  山本周五郎

 時代は江戸末期ながら、内容は考えさせられるものでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です