2012_43 ボトルネック  米澤穂信

 ミステリーではあるが、自分の存在について考えさせられるところがある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です