2014_13 播磨灘物語(3)  司馬遼太郎

 官兵衛が主人公でありながら、信長、秀吉の人となりが実によくわかる。司馬遼太郎の人物描写がわかりやすいというか、奥深い。3巻は、官兵衛が荒木村重の有岡城から生還し、秀吉とともに高松城の清水宗治を責めようとするところまでである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です