2014_2 幸福な生活  百田尚樹

最後の一言が落ちとなる、ブラック的な短編小説集。読んでいるうちにどうなるのだろうかと思うようになる。落ちが見えてくるものもあるが、予想外の展開に驚かされるものが多かった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です