2014_21 出雲大社の暗号  関 裕二

 関裕二さんの本に触発され再読しました。改めて読んで、関さんの考えが良くわかるとともに、邪馬台国、出雲、そしてヤマトの流れが見えてきたように感じました。邪馬台国は九州、神武天皇は応神天皇、出雲とヤマトの関係、そして尾張の存在。神武天皇はなぜ九州からヤマトへやってきたのか、神功皇后伝説は何だのか、など。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です