2014_24 海賊と呼ばれた男(上)  百田尚樹

 文庫化を待って購入、終戦直後から始まり、続いて終戦までの青春篇。家族の疎開先が足利の松田とは少し感激、「永遠の0」の間宮さんを登場させるのは作者の御愛嬌か。国岡商店店主の国岡鐵造氏、人間としてりっぱであるが結局その立派さを認める周囲の人たちが国岡を助けていった。小説として面白いがとてもまねはできない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です