2014_4 ビブリア古書堂の事件手帳〈5〉~栞子さんと繋がりの時~ 三上 延

 物語が母娘の対決になってきた。古書へのこだわりとそれにかかわるミステリーは面白い。一冊の本を書くために、何十冊の本を読んでいる迫力を感じる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です