2015_2 思い出のとき修理します3 空からの時報  谷 瑞恵

 津雲神社の存在感がだんだん大きくなってきました。何の神様を祀っているのか気になってしまいます。今回もいくつか“思い出の時計”が登場しました。どの時計もそれぞれに思いのこもった物語でありました。最後の話が鳩時計にまつわる話であったのですが、中学を卒業した時に担任の先生に鳩時計を贈呈したことを思い出しました。今も動いているのでしょうか。鳩時計はドイツで生まれ、最初はカッコウ時計だったそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です