2019-17 マスカレード・ホテル 東野圭吾

 都内で連続殺人事件が発生する。被害者の所持していた数字の暗号から、警察は犯人が次の殺人を高級ホテルで行うと予告していることに気づく。警察はホテルに入り込み、ホテルマンに扮装しての張り込みが始まる。いつ事件が起こるかわからない中、ホテルでは様々なお客様とのトラブルが発生しており、警察は振り回されることに。ホテルマンに扮した刑事と優秀な女性フロントクラークのかかわりが心地よい。日常のホテル業務の中で犯人と警察の知恵比べが始まる。犯人は何者で、ホテルで誰をどのように殺害しようとしているのか、個性あふれる登場人物、想像を超えた展開に思わず引き込まれてしまいました。ちなみに、「マスカレード」は、仮面とかなりすまし、という意味です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です