2019_5 古事記99の謎 古代ミステリー研究会

 古事記の内容がうる覚えでモヤモヤ感があったため思わず購入してしまいました。学問的な難しい話ではなく、雑学的な説明になっているため読みやすかったです。古事記に記された神話の世界の神々について改めて確認することができました。天上界、高天原に最初に現れた神は、「天之御中主神(あめのみなかのぬしのかみ)、続いて「高御産巣日神(たかみむすひのかみ)」、「神産巣日神(かみむすひのかみ)」、こを造化三神という、から始まって、「別天神(ことあまつかみ)」、「神世七代」など、など。さらには、神社の由来や、歴史的背景なども記載されていて、モヤモヤ感がすこしすっきりしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です