2015_48 むかしのはなし 三浦しをん

 「かぐや姫」や「浦島太郎」などの昔話をモチーフにした7つの短編集として読み始めたが、読み進むにつれ繋がりが何となく見えてくる。それは三か月後に隕石が地球に衝突、限られた人間だけがロケットで脱出できるという背景。過去を振り返る形で語られる物語は、とても重く深く感じられました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です