2016_44 沈 黙 遠藤周作

 江戸時代島原の乱の直後、キリスト教迫害の最中、キリスト教を奪会した先輩宣教師を探すため、日本に上陸する二人の宣教師。しかし、そこには想像以上の信徒への迫害、そして自らへの苦難が待ち受けていた。沈黙とは神の沈黙であり、神の存在についてを問いかけた作品でありました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です