2018-4 魔 球 東野圭吾

 高校野球、9回裏2アウト満塁から降り逃げで負ける場面から物語は始まる。並行して企業の爆弾事件が起こる。どうかかわりあうのかと思いながら読み進めると、サヨナラ負けしたキャッチャーが殺される。続いてピッチャーまでも。全く関係ないような事件が徐々につながっていき、謎が解き明かされていく。予想を超えたストーリー、そして人間模様。単なるミステリーにとどまらず、小説としての味わい深さも兼ね備えた作品である。やはり東野圭吾は面白い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です