2018-6 本能寺の変 431年目の真実 明智憲三郎 

 歴史捜査、正に警察が行う事件捜査のように証拠を集め歴史を紐解いていく、そんな内容でした。本能寺の変は、信長が光秀に命じて家康を討とうとした。しかし光秀は、ちゃんとした動機があって信長に謀反、その裏には様々な策謀、密約、裏のかきあいがあり、光秀、細川藤孝、秀吉、そして家康。結局秀吉の政治力により、犯人を光秀ひとりに押し付けてしまう。本能寺の変の真実が、そして戦国時代の武将の様々な生きざまが分かったような気がしました。面白かったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です