2018_8 魔術はささやく 宮部みゆき

 久々の宮部さんの小説です。とは言っても作品的には古いもののようです。若い女性3人が次々に不可解な自殺で死んでゆく。3人目の女性は突然タクシーに飛び込んだ。そのタクシーの運転者の家族がいつの間にか事件としての真相に近づいていく。様々なドラマが組み込まれ予想だにしない展開となり、読者を飽きさせない。魔術はささやく、その意味が最後の最後に分かる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です