2017_17 眠れないほど面白い「古代史」の謎 並木伸一郎

 前半の出雲の国譲りや天孫降臨神話については、ほぼ私の知識の範囲ではありましたが、邪馬台国の所在地では、通常見向きもされないような説突拍子もない説が紹介されたり、日本人のルーツの話になると、ユダヤ人であるとかバビロニアであるとかの話も出てきて、思わずほんとかよとつぶやきたくなるような内容です。ただ、神代文字という古代文字の存在や、古代史がほぼ西日本で展開されるなか、東日本にも文化があったというところはうなづける気がしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です