2018_21 時給三○○円の死神 藤まる

 心残りや悔いを残して亡くなると成仏できず、「死者」として心残りを晴らすまでこの世での生活が続く。この期間のことをロスタイムという。しかし、成仏するとこのロスタイムの記憶はすべて消え失せてしまう。「死者」の心残りを晴らす手伝いをするのが死神のお仕事。この仕事をクラスメイトの美人女子高生から突然誘われ、時給300円で引き受けることに。そして「死者」の思いを晴らす作業が始まる。死者の切ない思い、美人女子高生は何者なのか。家族愛、人間愛など、考えさせられる感動の物語でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です