2018_23 かくりょの宿飯七 あやかしお宿の勝負めし出します。 友麻碧

 8ヶ月ぶりのかくりょの宿飯シリーズ、前六巻は天神屋の大旦那が妖都に出向き行方知れずになってしまったところで終わっており、これからが気になっていたところ。第七巻では、かくりょの歴史やあやかしたちの過去が少しづつ明らかにされ、隠世、現所、常世などの世界の関係、あやかしどうしの繋がりなど、読み始めのころは何なんだ、と思っていたいろいろなことが分かるようになります。まだいくつかの謎がありますが、徐々に明らかになるでしょう。それにしても、葵のつくる料理描写と物語への関与が絶妙です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です